坂井淑恵 SAKAI Yoshie

《きんぎょ》2017年 油彩、カンヴァス 100×100cm
Twinkle little fish, 2017, Oil on canvas, 100×100cm

 

  

坂井淑恵
SAKAI Yoshie

1965年、千葉県生まれ。和歌山で制作。

 

絵の前に立つと 日常から切り離された気分になる事が有る。

全く違う世界に 色んな人をいきなり連れて行けるのは 絵の持つ特別な力だと思っている。

見たモノを隣の人と違うように感じるのはトラブルの元になるが、
絵は 見る為の物であるにも関わらず 様々に見えている事が当たり前で
様々なイマジネーションの世界へ出掛ける入口になる。

直ぐ錯覚を起こす、私たちの当てにならない目は 絵の中に一体何を見ているのだろう。

                                  坂井淑恵

 

1965年、千葉県生まれ、和歌山で育つ。1993年、京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画専攻修了。90年代から一貫して、人間が生きていくうえでの他者との間合いや境目をテーマに絵画を制作。「間」そのものとしての「水」の表現を獲得して以後、最小限の顔や足に還元された人が、水中に没したり、水面に頭をのぞかせたりして、さまざまな関係性の変化を示す。人と水のドラマは緊張感に富み、予断を許さない。出品された最新作では、緑の水そのものがはらむ内部に作家の思索が集中され、新しい展開を見せている。

坂井淑恵は、社会に生きる人間の他者との間合いや境目をテーマに、単純なかたちに還元された人体と水面を通して表現し、1990年代から注目された作家である。彼女の絵画の大部分を占める「水」もまた緑や青の透徹した色彩で表現されていて、第Ⅰ章にもつながる「色」が特徴的な作風を示す。本展では、2009年に発表された《気配》を起点にして、今まで「水」の内と外の境い目を見つめていた作者が、水の内部に潜り、もはや人のかたちを残さずに水の粒子に溶け入ってしまい、水の中から世界に向けて発信するような、緑の水のヴァリエーションを展開する。水の中から空の光の輝きや明滅を見ると、このように見えるのだろうかと想像させるような画面だが、作者は内部に閉じ籠るのではなく、内にいながら外の世界の刺激に対して、柔軟に、敏感に反応しているのが窺える。

小勝禮子 エッセイ「イノセンス(?)-いのちに向き合うアート」と作家略歴より抜粋。「イノセンス-いのちに向き合うアート」展図録、栃木県立美術館、2010年、pp.92-93, p.12。

 


 

Born in Chiba, Japan in 1965. Lives and works in Wakayama, Japan.

 

When I stand in front of the picture, I feel like being separated from daily life.

I think it’s the special power a picture has that can bring various people to the just different world suddenly.

It’s the dimension of the trouble to feel seen one so that it may be different from the other person.
Though a picture is something to see, it’s proper to see various and some picture will be the entrance where we go out to the world of various imaginations.

What will the eye on which we have an illusion right now are unreliable see in a picture?

                                                   Artist Statement ,  SAKAI Yoshie

 

‘Waters,’ which occupy most of the paintings by Sakai Yoshie, are expressed in clear green and blue colours, and they indicate a style in which ‘colour’ is characteristic that also relates to Section I. In this exhibition, with Sign which was exhibited in 2009 as a starting point, the artist, who was gazing at the borderline between inside and outside ‘water’ until now, has developed a green water variation; it is as if she dives inside the water, melts herself into particles of water to the extent that she is no longer in human shape, and transmits messages to the world from the insides of the water.

Excerpt from KOKATSU Reiko, “Innocence(?)- Art towards Life” and the short biography of the artist, INNOCENCE- ART towards LIFE, Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts, 2010, pp.92-93, p.12.

 

 

更新された最新の情報は、画廊のウェブサイトをご覧ください。
Please refer to the gallery’s website for new updates.
https://gallery-zero.jimdofree.com/artists/%E5%9D%82%E4%BA%95%E6%B7%91%E6%81%B5-sakai-yoshie/

 

 

 

《Flicker》2010年 油彩、カンヴァス 130.3×162.1cm 撮影:高嶋清俊
Flicker, 2010, Oil on canvas, 130.3×162.1cm Photo by TAKASHIMA Kiyotoshi

 

 

 

 

《足跡》1999年 油彩、カンヴァス 181.1×257.1cm 撮影:齋藤剛
Footprints, 1999, Oil on canvas, 181.1×257.1cm Photo by SAITO Tsuyoshi

 

 

 

 

《出す人》1999年 油彩、カンヴァス 91×72.7cm
Utter, 1999, Oil on canvas, 91×72.7cm